人気の女性向け光脱毛器の仕組み:フラッシュ脱毛

近年普及している脱毛技術は主に医療レーザーとフラッシュ脱毛の2つに分類されていて、エステサロンなどの医療機器を使えない店舗の多くが後者の機器を採用している現状となっています。

フラッシュ方式の機器は根本的な原理が医療レーザーとほとんど変わらないものの、照射する光がレーザーより弱い事から脱毛効果を実感するのにより多くの施術回数を要する傾向があります。一般的には光を照射する施術によって毛根部分の細胞へ熱を与え、毛乳頭を変質させて発毛能力を低下させるメカニズムとなります。

これにより、新しい毛が再生されても徐々に細い毛となっていく効果が得られ、最終的に永久脱毛へ近い状態を実現できる技術とされています。フラッシュ脱毛は医療レーザーのような即効性を得られにくい反面で、皮膚に対する刺激や痛みが少なく副作用も最小限に抑えられるメリットを持っています。

このような理由から敏感肌や乾燥肌・アレルギー体質などの症状に悩まされている女性に適している選択であり、施術後のケアをしっかり行えば肌荒れや痒みといったトラブルを回避しやすいのでおすすめです。また、エステサロンによってはVIOや顔を始めとした皮膚の弱い部位に対応している店舗もあるので、個人で対処が難しい場合の手段として有効です。

IPL脱毛という脱毛の種類を聞いたことがあるでしょうか。かつては脱毛といえばワックスがメジャーでしたが、最近は光をあてて脱毛をするIPL脱毛が主流です。ワックスとの一番の違いは、光を当てることです。

ワックスがクリームが肌の上でなじむのを待ち、一気に剥がすことに対し、光脱毛は患部を急激にジェルで冷やし、その上をくるくると手のひらサイズの機械を回しながら肌の上を滑ります。ジェルをつけないとやけどをすることがありますが、殆どの場合はジェルで十分に足りています。

ジェルが温まったり、滑っているうちに少なくなった患部には再度冷たいジェルを乗せて冷やしていきます。時間としてはパーツにもよりますが、10分から15分くらいですみます。ワックス脱毛のときは、剥がす瞬間に息を止める思いをしていた人たちも、この画期的な方法により、リラックスして施術を終えることができます。

最近は自宅でできるキットも大型電気店で売られるようになりました。今となっては誰でも気軽に始められるようになりましたが、値段が安いから、と購入したら痛かった、熱かったという苦情も多くきかれるようになってきました。美しさに手抜きはありえないので、少し高価な商品をおすすめします。

脱毛サロンに行って肌がつるすべに改善