脱毛サロンに行って肌がつるすべに改善

私は昔から男性のように濃いムダ毛がコンプレックスでした。剃っても剃ってもすぐに生えてきてしまうので毎日の処理は欠かせませんでした。それにもうんざりしていたしカミソリ負けで肌が荒れてしまっていたので、いっそもうプロに任せてしまおうということで脱毛サロンに行くことを決意しました。

脱毛の効果が現れたのは4回め以降です。それ以前にも施術してから1週間ほど経過した辺りで毛が抜け落ちることはありました。しかし同じような分量の毛が新たに生えてくるので綺麗に脱毛できているという実感はなかったのです。

4回めを超えた辺りから、生えてくる毛が抜け落ちる毛を下回りました。なので毛と毛の間隔も段々と空いて来て、肌が毛に覆われて見えなくなってしまうという事態も改善されつつあります。自己処理した時は、剃りたてでも手で肌に触れるとちくっとした感覚があったものでした。

しかし脱毛サロンに行ってからは、毛の量も半分ほどに減っているし生えてくる毛もヒゲのような剛毛から産毛のようなものに変化しているので、チクチクしません。触ってみると自分の肌だとは信じられないほどつるつるすべすべで、ずっと触っていたいように思えてしまいます。脱毛サロンに行って施術を行ってみて正解でした。


お化粧は、お肌のためにする!


パーマをかけたり、カラーリングしたりすると、髪の毛が痛みますよね。それと同じように、パーマやカラーリングは、肌荒れの原因になってしまうこともあるのです。例えば、パーマ液やカラーリング剤が顔にかかってしまったら、肌荒れの原因になります。

もちろん、美容室ではそんなことにならないように、気を付けてくれます。でも、家で髪を洗う時に、パーマやカラーリングした後しばらくは、髪からパーマ液、カラーリング剤が少しは落ちてくるのです。カラーリングの後しばらくは、髪をゆすいだ水やお湯が、色が付いていることからもこのことは分かります。

パーマ液やカラーリング剤だけでなく、毎回使うシャンプーも、肌荒れの原因になることがあります。でも、髪を洗う時に、お化粧をしていると、外部からの刺激を防いでくれます。ですから、なるべく、お化粧を落とすのは髪を洗った後の方がいいのです。

お化粧をすることは、髪を洗う時だけでなく、日常生活でも外部からの刺激を防いでくれることになります。泣いて涙が出たり、風邪をひいて鼻水が出たりしても、敏感肌の人には肌トラブルの原因になります。それも、お化粧をしていた方が、刺激が少なくてすみます。もちろん、お肌に合ったお化粧の場合ですが、外出する時だけお化粧をするのではなく、お肌の保護のため、朝起きたらお化粧をする、という習慣をつけるといいのです。



美容の為の加湿器選びとその置き方


やはり肌を健康に保つためには、冬の乾燥から素肌を守る事がとても重要です。乾燥した空気は肌荒れを酷くするだけではなく、シワなどが悪化してしまう原因にもなります。部屋の中の肌に良いとされている湿度は、60%と非常に高めです。

これを維持する為には相当大型の加湿器がいりますが、人がいる部屋などの使い方などによっても置く加湿器は変わります。加湿器にはスチーム加湿器やハイブリッド型、ヒーターレスや超音波加湿器を種類が多いですが、電化製品の近くには置かない物方が良い種類のタイプもあるので、できればこれらのタイプの物を併用するのもやはり肌にとっては良い事です。

最近はUSBなどの簡単に居る場所の近くに置けるタイプの加湿器もあり、大型の加湿器と併用して使うのもお勧めです。さらに、置くだけでも加湿をしてくれるインテリアタイプの加湿グッズなどもあるので、就寝中にはこのような加湿器を置いておくのも肌荒れ対策やウィルス対策にもなり使いやすいです。

加湿器を使う時の注意点は、やはり使う加湿器をこまめに洗い、雑菌を繁殖させない事や、湯沸し型の加湿器の場合、カルキが貯まりやすいのでできるだけカルキなどのない水を使う事がやはり肌にとっても加湿器自体のメンテナンスにとっても良いので、工夫しておく事が大切です。

脱毛サロンに行って肌がつるすべに改善